違法品コピー販売業者一覧
↓ヤフオクで違法コピー販売をしている方は下記です。
お気を付けください。↓(一部取り締まられた模様)コピー品はやめたほうが無難ですよ。
1.コピー品業者
2.コピー品(個人)結構悪質

当ブログについて
このブログはヘミシンクでハイヤーセルフやらなにやらを探求するためのブログです。
今のところ独学です。

当サイトのリンクは超フリーです。相互リンクもヘミシンク関連であれば受け付けてます♪
よろしくお願いします。
ヘミシンクCDを購入
ヘミシンクのCD購入は
↓が安いです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ヘミシンクCDはこちら
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


■アミ小さな宇宙人の朗読CD
⇒アミ 小さな宇宙人 朗読CD(itunes) icon

お部屋の浄化に最適



アヴェ・マリア33
話題のDVD

Thrive スライヴ

ヤフオクでThriveを確認するにはこちら
New Entries
Category
Recent Comment
Archives
Profile
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
アセンションの超しくみの感想
 アセンションの超しくみという本を1年前くらいに読んでなるほどーと思ったことがあったけど、

結局のところ、このサアラという方は、自分自身は不食の生活をしているのでしょうか。

また、マネーフリーを訴えていますが、自分はセミナーで高額な金額をとっているように思いますが、これはいかがなものでしょうか。

内容はなかなか面白くてよいと思うのですが、当の本人がアセンションしているといいながら、本に書かれていることをできていないようでは、本自体に価値を見出すのは無図解しいのではないかと思います。
posted by: sumisumi39 | 読書メモ | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人類と地球のアセンション だからこれからこう生きよう 船井幸雄

 


読書メモ



■心の三毒
怒りの心
愚痴をこぼす
たることを忘れる

心の次元を高めるためには、この3つの毒を日常生活の中から取り除いていく必要がある。
そのためには、まずは、「足る」ことを知り、日々感謝の思いとともに常に謙虚に生きていくことが大事です。

人間は常に「正しい人間のあり方の学び」を続けていかなければいけない存在


我欲の代表的なものとして、名誉とかお金とか、ものに対する執着心がありますが、
これらも6次元界以上では、外には出てこないもようです。

今の地球上のこの世で生きていくためには、まだ欲をなくすことはちょっと難しいので、
欲をなくすより、それを認めて包み込んでしまったほうがいいのではないかと思います。

3次元:今の地上界
4次元:「幽界」ここに暮らす人たちは自己保存の想念が強く、自分さえよければそれでいいと考えています。自己中心。
5次元:「霊界」この世界は損得のある世界で、もちつもたれつでなりたっている世界だと考えてもらえるといいでしょう。

地上界には、幽界や霊界から転生してくる人が一番多く、天上界にもこの段階の人が一番多く存在しています。

6次元:「神界」この世界の人たちは、自分に厳しく人にやさしくできるのが特徴です。
何かあっても人のせいにしたりせず、自分を第三社の立場で振り返り、自分に過ちがあれば、素直に反省できる人の世界です。
神界の人たちは「光の天使」と呼ばれています。

7次元:「菩薩界」他人に愛を一心に与えることができる人の世界です。菩薩界の人たちは、「上段階光の指導霊」と呼ばれています。

8次元:「如来界」大自然の心理、人間の心、人間の正しい生活のあり方など「法の大綱(たいこう)」を説く人の世界です。
如来界の人たちは「上段階光の大指導霊」と呼ばれます。

9次元:「宇宙界」ここは、釈迦、イエス・キリスト、モーゼ、高橋信次さんなどメシア(救世主)と称される人の世界で、
「法の大綱」を説くと同時にほかの天体の霊団とつながる仕事もしています。


6次元以上へいくのがベスト。
6,7次元の世界の人たちには人から何か言われても言い返さないレベル。
8,9次元は個k路が宇宙のように広い人たちの世界。

■正しい思いをもって調和した生き方をすると心の次元が上がる
心の次元をレベルアップさせていくのを邪魔するのが「心の曇り」です。
心の曇りはエゴ、我欲、自己保存などによって生まれます。「スモッグ」と井出さんは呼んでいる。
紙からの光や天上界の天使からの光を受けるためには、自分の心がきれいに磨かれていなければなりません。
曇っているとひらめきは得られないのです。
心にスモッグがある人に守護霊や指導霊、あるいは天使がメッセージを送っても、受け取れない。

心を光で満たすためには、
怒り、恨み、妬み、憎しみ、愚痴、足ることを忘れ去った欲望、増上慢(ぞうじょうまん)などの不調和な想念をなくし、
愛の思いや努力、責任、博愛、勇気、向上、進歩など、善の調和ある想念を心に抱くこと。
そうすることで、スモッグは消え、心に光を受け取ることができるのです。

欲望=エゴに振り回さらることなく、正しい心の在り方をしり、感謝の念とともに法にかなう心で実践に移せば、心の次元は上がっていきます。


■大事なこと
大事なのは徳を積むこと。
徳というのは、いい行為をすることです。
相手が人間であるかどうかに関わらず、動植物や地球に対してもいい行為をしていくことです。
お金がある人は寄付をする。
お金はなくてもものがある人は物を渡す。
物がない人は知識を渡す。
知識がない人は労力で渡す。
など。
たとえば、目の前に体の具合が割る人がいたら、お金のある人は治療費を出してあげる。
お金のない人は腕のいい医師、あるいは病院を教えてあげる。
知識も何もない人はいたいところをさすってあげる。
など自分の置かれた境遇によってできる限りの範囲のことをすればいい。

人助けまで行かなくても、ゴミを拾ったり、優しい言葉をかけてあげたり、簡単なことでいいのです。

「誰がみてるからやる」という気持ちが少しでもあると、徳は半減してしまいます。
半減どころか、ゼロに近くなってしまう場合もあります。
見返りを期待することなく、心からにじみ出てくる善なる行為が徳なのです。


今の日本人の平均的な徳の点数は100点満点中20点。
今回のアセンション参加には、80点くらいが必要。

愛=創造主の心であり、「永遠の大調和」を目指すもの。
3次元の生活で調和は、「助け合い」や「支えあい」「相互扶助」によって実現されます。
そして、お互いに助け合い、支えあって生きていることへの感謝の心が非常に大事です。
感謝は謙虚な心を作り、やがて愛の心を育てます。
感謝の心を送ると、愛の光が返ってきます。
逆に闘争は不調和を意味します。闘争しか頭にない人は心を失い、安らぎも平和もない状態になってしまっています。
しかも闘争には、愛も感謝の心もありません。間違った思想ですから、生活習慣も間違ったものになっていきます。

※増上慢(ぞうじょうまん):仏教でいまだ悟りを得ていないのに得たと思念して高ぶった慢心のこと。


「人間として正しい生き方・このように生きたい」
1.たえずリラックス
2.自他同然、差別しない
3.ええカッコしない
4.こだわらない(気にしない、執着しない)
5.すべてを大事に(愛、至誠で)
6.ムダをせずに(質素に、節制して、儀式形式、偶像崇拝などのムダをできるだけやらない)
7.次のことは絶対にやらないようにしたい
〆曚
脅し、苛め、責め、心配させる
6制する、制約を加える
いい个襦⊆慢する
ト稟修靴燭蝓悪口を言ったり欠点を言ったりする
Ε泪ぅ淵紅送をしたり、させる。


読んだほうがいいらしい本:500に及ぶあの世からの現地報告


■自分の思ったこと

徳をつみつつ、まっとうにいきろということでしょうか。

posted by: sumisumi39 | 読書メモ | 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2012年の変化はすでに起きている 船井幸雄



 


■2012年の変化はすでに起きている 船井幸雄


自分が必要とおもった部分のメモ

「初心者にもわかる人としての正しい生き方」
・人としての正しい生き方
・人としてのくせづけ
・いまのような非常時の優秀なTOPや人間

私の考えている「人としての正しい生き方」
1.生業に励め。働き好きになれ
2.すべてに愛と感謝で親身に対せよ
3.だれとでも、分けへだてなく付きあえ
4.謙虚に生きよう。
5.怒ってはならない。
6.自由に生きよ(命令や束縛、規制は最低限でよい)。
7.約束は守れ。
8.恩は忘れてはならない(恩義には報いよ)
9.世のため、人のため、自分のためになることで、わくわくすることをやろう。
10.自主、自己責任でいきよ。
11.知識と行動、言葉と行動は一致させよう。
12.できるだけ根本的に、永い目で見、多面的に把もう(マクロにも把もう)。
13.陰徳を積もう。
14.勉強好き、すなお、プラス発想で、ポジティブに生きよう
15.正しく思い、行動しよう。
16.「真の天の理」と「良心」に従おう

真の天の理:
単純化、効率化、公平化、自由化、自己責任化、公開化、強調化、万能化、長所伸展、長所活用化。

良心:
前向きで、明るく、善に、勇気をもって、誠実に。

「人としてのくせづけ」
1.生命がけでやる
2.即時やる
3.完全にやる。
4.親身でやる
5.整理する

「非常時の優秀なTOPや人間」
1.責任逃れしない。人のせいにしない。
2.わからないことや、バクチなどはしない。部下にもさせない。
3.原価意識がしっかりしており、ムダなこと、非効率的なことはしない。
4.親しい人や客などには親身に付き合い。絶対に損をさせたり、損をするようなことは勧めない。
5.たえず前向きである。哲学と思考、行動の原点は、「愛」と「誠」と「勇気」と「感謝」


天の理   ⇔    地の理

単純                    複雑
効率的                 非効率的
公平                    差別
自由                    束縛
自己責任・自主性                    責任逃れ
公開                    秘密
万能                    セグメント化



にんげんくらぶ
分裂する未来 



以下、私の思ったことなど

天の理は、ホ・オポノポノの責任はすべて自分にあるということ考え方と共通していますね。

今後の世界は、愛と感謝、素直、謙虚、などすべての人に平等に接せられる人が増える世界となるということですね。

テレパシー能力にたけた人に出会えばわかると思いますが、
こちらの思考や考えていることはほぼばれてしまいますので、偽証は不可能です。

ということは、もう考え方を改めて世のため、人のため、に生きるということが結果的に自分のためにもつながるということになるのではないでしょうか。

やはり、表面でいいことを言っていても、内側はそんなことを思っていないという人は
やはり近づきたくなくなり、人を寄せ付けなくなっていくと思います。

光のような人が人をひきつけ、好かれるということですよね。

ポジティブというのは、無理して明るくふるまうということではなくて、
楽しい気持ちで生きてれば、人が存在することに感謝することができているので
自然と人と会ってもうれしい気分で接せられるのだと思います。


すこし、想像してみればいいと思います。

この世に、自分以外なにもない世界が存在した場合。

すべてが無です。自分以外何もありません。まっくらな世界です。

この世界ではたしてどのくらいの時間生活できるでしょうか。

そう思うと、水があり、火があり、物があり、食べ物があり、人がいて、自然がたくさんなこの地球などに対して「すばらしい、なんてすばらしいんだ!」って感動できると思います。

朝起きれば目が覚めることに感謝し、太陽の光に喜びを感じ、足が動くことに感謝し、
幸せを感じられることがいっぱいです。

人は作られたエゴや欲を求めすぎてしまっていました。
それを今あることに、ことごと一切に感謝し生活すればいいのだと思います。

地球に生まれたことに、そして日本に生まれたことに感謝できると思います。
posted by: sumisumi39 | 読書メモ | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |